トップ 家電ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

家電ナビ電器店での知識 > 火災警報装置について

火災警報装置について

火災警報装置についての画像

2004年6月に改正消防法が成立し、一戸建てを含む全ての住宅に火災警報装置などの住宅用防災機器の設置が義務付けられました。そのため、火災警報装置に関心を持つ人が増えてきました。火災警報装置とは、感知器によって火災を感知したり火災を発見した人間が発信機を操作したりすることによって、消防機関に通報する機器のことです。建物の中で火災が発生すると、センサーが熱や煙をキャッチして火災の発生を自動的に発見します。そして、警報を発したり消防機関に連絡したりします。

火災警報装置は、温度で反応する熱感知方式と煙に反応する煙感知方式の他、炎(光)に反応する炎感知方式もあります。機器の特性に応じた設置場所を選ぶことが大切です。どこにどれを設置していいか分からない人には、アドバイスします。ところで、一軒家であればその家の住人に設置する義務があると思いますが、賃貸マンションとかは誰が設置したらいいのと思う人もいるかもしれません。新築のマンションであれば最初から付いていると思いますが、古いマンションだと付いていないこともあるでしょう。勝手に付けてもいいの?と迷っている方もいるかもしれませんね。

法律的には、大家さんと話し合って決めるのだそうです。気になる方は、大家さんに問い合わせてみてください。また、新しくマンションに住む際にその部屋に火災警報装置が付いていない場合には、大家さんに頼んで付けてもらってくださいね。この場合は、大家さんに設置義務がありますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


家電ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中古パソコンはいかがですか?

パソコンの技術はどんどん発展しています。3年もすればガラッと性能が違ってきますし、パソコンの寿命は5年と言う人もいますよね。そう考えると、冷蔵庫とか洗濯機のような家電とは異なり、パソコンは消耗品と考えてもいいかもしれません。とはいえ、そんな頻繁に買い換えるモノでもないですよね。 パソコンを使った仕事を自宅でしている人ならともかく、家でネットとメールをする程度の人であれば、わざわざ高い新品のパソコンを買わなくても、中古パソコンを買ってみたらどうでしょうか。中古パソコンと言って

家電ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。